遺品整理

まず初めに「やること」を把握する 全体の遺品整理の工程を把握しましょう

遺品整理を自分達でおこなう人むけ

遺品整理をこれから始める人にわかりやすく解説していきます

片づけ準備としてやることを書きだしましょう

まず思いつくままに「やることリスト」を書きだしましょう

実家の状態をチェック
相続の協議
ネット回線(プロバイダの返却)
NHKや新聞、固定電話や携帯の解約
電気、水道、ガスの引き落とし(何日までにとめるのか?)
預貯金口座の名義替え
登記変更の手続き
大まかな費用の算出(処理費用、交通費、宿泊代)
関係者の意思確認、人員確保、役割分担
片づけの日程調整
大型ごみの事故搬入方法(日時、搬入可能時間
自己搬入ならレンタカーの手配
リサイクルショップへの見積もり
処分業者への見積もり

次にいつまでに終えなければいけないか日程を決める

家の売却や賃貸の明け渡し時期がきまっているのであれば、片付け業者か解体業者に頼んで期日までに終わらしてもらいましょう

このページでは自分達で遺品整理をする前提ですので
まず関係者で誰が、いつ、何をしわけるのかを日程を決めましょう


もし骨董などがありましたら専門のリサイクルショップに頼むのをお勧めします

オススメの業者さんはこちら↓

初めてリサイクルを利用する方必見!買取店オーナーがオススメする買取店初めての人でもわかりやすいようにオススメの買取店をご紹介♪ちょっとしたコツや間違った業者選びをしないようにこの道11年の店長が解説しています...

ポイントはこの遺品整理の「決定者」を決めることです

決定者といっても上の写真のように威張り散らすのではありません。
他の親戚やご近所さんに顔が広く、遺品整理に時間がを取ることができる人が決定者になると良いです

決定者がいないと優柔不断になってしまいいつまでたっても遺品整理が進みません

悪臭の原因になるものはすぐに捨てましょう

冷蔵庫の中身は必ずチェックしましょう
開封してあるもの賞味期限が切れているものはなるべく捨てましょう
缶詰など賞味期限が長いものは持って帰るか人にあげましょう

遠方の実家で片づけに半年くらい帰れないとしましょう
その間に、雷などで停電になりました。冷蔵庫の中はどうなるでしょう?もしそれが真夏だったら?
ウジや虫、ゴキブリ、こばえがたくさんわいている現場は悲惨です
電気を契約しているから大丈夫とは思わないでください!

臭いがついた商品はリサイクルショップでも買取は難しくなります。そうしたら買取できる商品がゴミとなり余計に処分代金が上がってしまいます。何度も言います、冷蔵庫の中身は必ず捨てましょう!

「まず初めにやることを把握する」のまとめ

遺品整理の規模によりますが、結構大変です
ですが、やることを把握して、誰が何をいつまでにするかを把握するだけ全体の進行が違ってきます

そして、何度も何度もいいます。必ず冷蔵庫の中身は1番に片付けましょう

初めて広島で遺品整理を行う人向けの遺品整理ガイド コツがわかれば大丈夫です 自分達で遺品整理をする方法 まず初めにやることを把握する 計画を立てる 片付ける前に現状を把握 ゴミの出...
アドベンチャーライフ

電話1本でお伺いします。出張料、査定料無料